有限会社ヒロ測量は、「GPS測量(GNSS測量)」の技術を日々研究し、未来を創造します・・・
泣qロ測量は、「GPS測量(GNSS測量)」の技術を日々研究し、未来を創造します
GPS測量・基準点測量・公共測量・測量全般・測量標の設置                          

____ トップページ                                     サイトマップ

 3.測量標の設置                                   作業規定の準則参照
測量標の設置とは、新点の位置に永久標識を設ける作業をいう。
  永久標識の設置
 新点の位置には、原則として、永久標識を設置し、測量標設置位置通知書を作成する。
 永久標識の規格及び設置方法は、後述のとおり。
 設置した永久標識については、写真により記録するものとする。
 永久標識には、必要に応じ固有番号を記録したICタグを取り付けることができる。
 3級基準点及び4級基準点には、標杭を用いることができる。
  規格及び設置方法
 1.規格:永久標識の規格は、準則に2種類の金属標が規定してあり、材質は真鍮又はステンレス製並びに炭素繊維強化コンクリート。 金属標はボルト付きのものと無いものがあり、直径及びボルトの長さが規定されている。(準則の付録5参照)
 2.設置方法:埋設形式には、地上埋設、地下埋設、屋上埋設がある。地上及び地下埋設は、硬質塩化ビニール管にコンクリートを充填し、上部に金属標を埋め込む。上面をコンクリートと保護石の構造で設置するものを上面舗装形式という。屋上埋設方式には、ボルトつきは建物の屋上にコンクリートで貼り付け、無いものについてはボンドで屋上に貼り付ける。
 3.3級基準点及び4級基準点は標杭として、一般に木杭またはプラスチック杭が用いられる。
  点の記の作成
 設置した永久標識については、点の記を作成する。
 点の記は、後の測量に基準点を利用するための資料として作成するもので、基準点の所在地、地目、所有者等、順路、その付近の詳細スケッチ,地形図等を様式に従って作成する。
  

Copyright (C) 2008 有限会社 ヒロ測量. All rights reserved.