有限会社ヒロ測量は、「GPS測量(GNSS測量)」の技術を日々研究し、未来を創造します・・・
泣qロ測量は、「GPS測量(GNSS測量)」の技術を日々研究し、未来を創造します
GPS測量・基準点測量・公共測量・測量全般・観測                          

____ トップページ                                     サイトマップ

 4.観 測 (基準点測量)                          作業規定の準則参照
観測とは、平均図等に基づき、トータルステーション・セオドライト・測距儀等を用いて関係点間の水平角、鉛直角、距離等を観測する作業(TS等観測)及びGNSS測量機を用いて、GPS衛星等からの電波を受信し、位相データ等を記録する作業をいう。
 GNSS観測は、GPS以外の測位衛星からの電波を受信し、位相データを記録する作業も含む。
 観測は、TS等及びGNSS測量機を併用することができる。
 必要に応じ、測標水準測量を行うものとする。
  機 器
 使用する機器は、次の表の掲げるもの又はこれらと同等以上のものとする。 
       機    器     性     能      摘   要
 1級トータルステーション  作業規定の準則
  別表1による
 1〜2級(基準点測量
 2級トータルステーション  2〜3級
 3級トータルステーション  4級
 1 級 GNSS測量機  1〜4級
 2 級 GNSS測量機   同上
 1 級 セオドライト  1〜2級
 2 級 セオドライト  2〜3級
 3 級 セオドライト  4級
 測   距   儀  1〜4級
 3 級 セオドライト  測標水準測量
 2 級 標    尺  測標水準測量
 鋼   巻   尺    ー
    使用する機器は、目的とする測量精度に応じてそれぞれに適合する機器を選んで使用しなければならない。
  機器の点検及び調整
 使用する機器の点検は、観測着手前及び観測期間中に適宜行い、必要に応じて機器の調整を行うものとする。
 点検方法は、作業規定の準則を参照。
  観測の実施
 計画機関の承認を得た平均図に基づき、観測図を作成するものとする。
 観測
及び観測方法は、作業規定の準則第37条を参照
 基準点測量及びGPS測量については基準点測量についてのページを参考にしてください。  

Copyright (C) 2008 有限会社 ヒロ測量. All rights reserved.